水中ウォーキングでダイエット

趣味でスキューバダイビングをしているのですが、冬場はドライスーツで潜っているので太っても着れてしまいます。

そして夏にウェットスーツを着るときに、やばい!!入らないかも・・・・と5月から6月に自宅のふろ場で必死で試着をして、きつくなってしまったウェットスーツを着れるように痩せなくっちゃというのが毎年恒例になってます(≧▽≦)

きっと今年もダイエットしないといけないとは思うのですが、今まで自分が試したダイエット法で、効果があったダイエット方法をお伝えします。

私個人的に食べることが大好きなので、好きなものは食べたいので、運動をするようにしています。

そこで日々の習慣として、会社までの2㎞の道のりは歩くようにしています。

これだけで往復4㎞、約50分ウォーキングしているのと同じです。

ただこれ以上に食べてしまうのが太る原因。

なので自分でも自覚しているためダイエット中の心得として

1、腹八分目

2、意識して歩く

3、間食は辞める

4、好きな運動を無理しないで続けるようにする

これでたいてい3㎏は落ちます。

さらに4㎏体重を落とした経験もあるのですが何をしたのかと言えば

★水中ウォーキング

★水中ランニング

これがなんとも効果がありました。

陸上で30分ウォーキングしても消費カロリーは40~60キロカロリー

それが水中となると100キロカロリー

水の抵抗でそんなに大変に感じなくてもカロリーを効率的に消費してくれます。

慣れてきたら、水中ランニングをお勧めします。

陸上でのランニング30分の消費カロリーは200キロカロリー

水中ランニング30分の消費カロリーは、300キロカロリー

陸上の運動より効果絶大です。

ただ水中にいると空腹を感じやすいというマウスを使った実験結果もあるそうですので、運動したからと言ってご褒美を食べたら水の泡です。

私もこれだけはしないように気を付けております。

水の中にいるのはリラックス効果もありますので、ぜひ水の中にいるのが苦にならない方は、泳ぐより辛いかもしれませんが挑戦してみてください。

私も元水泳部なので、最初は水の中を歩いたり走るなんて!!と思いますが、カロリーはクロール30分と水中ジョギング30分は変わりません。

そういう点ではアクアビクスは楽しくていつの間にか負荷もあり、おすすめです。

ぜひ皆様もお試しになってみてください!

リバウンドしないダイエット

私は、ダイエットする為に運動とサウナを併用しました。私がダイエットしようと思ったきっかけは、彼氏が出来た事がきっかけでした。

彼は、今のままでの好きだと言ってくれましたが綺麗になりたいと思い一念発起しました。運動に関しては、毎日ランニングとストレッチを行いました。ジムに通うのは少しコストがかかるのでヨガのサイトを検索して実践してみました。

サウナに関しては、週一回岩盤浴や銭湯のサウナを利用してデトックスを行いました。自分は、冷え性で汗をかきにくい体質だったので温めて循環を良くする事をもくてきに実施しました。このダイエット方法は6カ月続けていきました。

大まかには、怠けていた体に対して体質改善を行った事が効果的だったのか半年で7キロの減量に成功しました。体を温めて、常に燃焼出来る体内循環を付作る事で痩せやすい体質に変化したのではないかなと思っています。

ダイエットを進めて結果が出てくると、食事や飲み物にも気を使うようになり、栄養バランスも整いました。

ダイエットが成功してから1年以上たちますが、リバウンドなく生活する事が出来ています。ダイエットすることも大切ですが体質改善にも目を向けると成功する可能性が高まると思います。

栄養豊富なトマトを食べよう

女性に注目されているトマトは、男性にはそこまでトマトに注目されていないのではないかと思っていました。今回はトマトの栄養にスポットを当ててみたいと思います。

トマトは春から初夏、秋から初冬にかけて旬だとされる野菜。ビタミンCやリコピンが豊富に含まれるため、美容に効果的で女性に大変注目されています。

スーパーなどでは、常に野菜コーナーにおいてあり、他の野菜と比べると少し値段が高いけれど、手が出ないというほどのものではないトマトですが、種類も普通のトマトやプチトマト、甘みの強いフルーツトマトなど、種類がたくさんあります。

トマトには実にさまざまな栄養が豊富に含まれている野菜ですが、中でも注目されているのが「リコピン」という、カロテノイド(色素)の一種である天然色素で、効果としては抗酸化作用や老化防止、肌や皮膚を若々しく保つ、美容効果に加え、ガン予防にも効果があるそうです。

生活習慣病の予防にもなるのですね。このリコピンはトマト以外にも、スイカやグレープフルーツにも含まれているそうです。

摂取量としては一日15mg程度摂るといいそうで、これは大きめのトマト約2個分なのだそう。熱に強いリコピンを効果的に摂るには若い未熟なトマトよりも赤色が濃い、熟したトマトのほうがより多く、さらにはトマトジュースやトマトケチャップ、トマトペーストといったような、加熱加工された加工製品から摂るほうがリコピンをしっかりと摂れるのだそうです。

たしかに大きいトマトを2個食べるよりも、トマトジュースをクッと飲むほうが手軽で手も汚れず、よさそうですね。でも、冷たいトマトの輪切りは暑い夏には最高ですよね。

「トマトが赤くなると医者が青くなる」ということわざがあるくらいですから、リコピンをはじめとして、その栄養も効果も絶大なものがありそうですね。

実は、私はトマトがそんなに好きではないのですが、豊富な栄養とリコピンのパワーのすごさに記事を書いていて圧倒され、これはトマトを食べたりジュースを飲んだりしないとな、と思い返しました。

玉ネギやワサビのように刺激が強いわけでもないし、夏のトマトは美味しいと記事に書いているし、もしかしたら、食わず嫌いなだけなのかも?と思ったのでした。あとはゼロキャロでしっかりコントールしています。

やっぱり豆乳はダイエットにいい?

実は私、豆乳を10年間飲み続けて、太らない身体になりました。

きっかけは…というと、10年前のある日人間ドックを受けるとコレステロール値がやたらと高いではないか!これはいかん!と、牛乳の代わりに豆乳を飲むことにしたんです。

豆乳に含まれている「イソフラボン」という栄養素がどうやらコレステロールの上昇を抑えるらしいのです。さて、私がいつも飲んでいる豆乳は、コップ一杯200㎎につきエネルギーは90キロカロリー、タンパク質は6.9㎎。一般的な牛乳と比べてみると、タンパク質はほぼ同じなのにカロリーはドーンと少なくなります。

負けてしまうのはカルシウムですが、これは他の食品やサプリで補強。あと、豆乳はあくまでも植物性たんぱく質なので、動物性たんぱく質に比べると体内への吸収率では少し劣るそうです。でも日本人が昔から摂ってきたタンパク質は植物性のもの。やっぱり日本人の身体にあってるのかなあと実感してるんです。

今のトレンドは、単なるダイエットではなくて、筋トレで美しい体形をつくるという方向にあるみたいですが、偏ったタンパク質摂取という話をよく聞きます。

動物性たんぱく質と共に植物性たんぱく質を摂ることが理想なんだとか。そういう意味でもやっぱり「豆乳」はおすすめです!

WordPress.com で新しいサイトを作成
始めてみよう